カンファレンス

2月6日(木) 15:45~17:45 場所:ワールドインポートマート5F

【PM2】売り上げを作る見える化

いまだ担当者個人の力量に依存する部分の大きい印刷営業においては、営業プロセスの見える化や成功事例の共有の仕組みづくりが求められる。そこでは、積極的なIT活用が不可欠となる。結果管理からプロセス管理への取り組み(日報ツールの活用)、成功事例のロールプレイへの落とし込みなどの先進的な取り組みを伺う。

 
一覧に戻る

当日価格:18000円です。

  • 松岡祐司
    (まつおかゆうじ)
    アサプリホールディングス 代表取締役社長
    アサプリグループは印刷会社4社、広告制作会社、動画制作会社、大判印刷ネット通販会社、デジカメプリント会社、持株会社、資産運用会社の合計10社の多角化連邦経営を行っています。全社員と働く目的である経営理念を共有し、管理会計による日時決算を行い時間当たりの生産性を高めています。さらにIT活用によるお客様の業務改善提案や、営業の「見える化」とナレッジの共有で厳しい印刷業界で勝ち残ります。
  • 富澤隆久
    (とみざわたかひさ)
    富沢印刷 代表取締役社長
    1968年東京都生まれ、大学卒業後10年間のメーカー勤務を経て富沢印刷に入社、2010年に代表取締役社長に就任、現在に至る。 MISを活用した個別原価管理(受注一品別収支の見える化)に取り組む一方、売上を増やす「攻め」の見える化にも積極的に取り組む。営業活動の要素を細かく分解したマニュアル化、目標から逆算した行動量の設定、営業全員でのロールプレイ大会などを行っている。
  • 花房賢
    (はなふささとし) モデレーター
    JAGAT 研究調査部 担当部長
    1992 年に社団法人日本印刷技術協会入職。研究調査部に所属。MISやワークフロー・JDFを担当する傍ら、標準原価を活用した利益管理システムの啓蒙活動および導入支援を行う。2010年より全印工連教育研修委員会 特別委員。 2018年2月より「見える化実践塾」を立ち上げる。