カンファレンス

2月5日(水) 15:45~17:45 場所:ワールドインポートマート5F

【CM1】クロスメディアビジネスのヒント~コミュニケーションの課題を解決する

既存ビジネスの枠にとらわれない思考や新たなアプローチで課題を解決した事例、多様なコミュニケーションを実現したモデルを取り上げます。
AR×AIで化粧の疑似体験をおこなうバーチャルメイク、「売りたい」と「売ってほしい」を繋ぐ店舗シェアリング、人柄や感情を直に伝えることができる音声配信、海外からの旅行客にスマホで商品情報を伝える多言語サービスを紹介。

 

Payke(ペイク)<インバウンド客に商品情報を多言語で提供、買い物を後押し>

中国をはじめインバウンド旅行者が訪日前にダウンロードしているのがショッピングアプリの「payke」です。
これは商品パッケージに元からついているバーコードをスマホやタブレットでスキャンするだけで、多言語でパッケージに収まりきらない商品情報を表示できるサービス。
利用者にとっては自分の言語で商品情報を教えてくれる便利なサービス、メーカー側にとっては消費者へ自社商品の情報を手軽に多言語発信できるサービスです。

「ルルルン」ブランドでフェイスマスク(顔のパック)を展開するメーカーでは、店内のPOPが英語や中国語で売り場が煩雑になるのを防ぐためPaykeを導入、インバウンド店の店頭販促ツールとして利用しています。知りたい情報(これは何の商品でどんな効果があるか)を多言語で伝えることで購入を後押ししています。

Voicy(ボイシー)<音声コンテンツ時代のプラットフォーム>

声のブログともいえる ボイスメディア「Voicy」 を運営するほか、スマートスピーカー向け音声コンテンツ配信など「音声」を軸にしたビジネスを行っている企業です。
今、新たにユーザーとつながる手段としても注目されている音声コンテンツを多様な切り口でビジネスにしています。
・関連記事:スマートスピーカー時代に注目されるボイスメディア「Voicy」

スペースエンジン<実店舗をテストマーケの場として、顧客とつながる場として活用>

「店頭で商品を展開したいメーカー・ブランド」と「新しい商品の販売を希望する店舗」をつなぐマッチングサービスのSpaceEngine。店舗を持たないネットショップや、通常の流通とは別の販路で販売したいメーカーが利用し、大きな投資をしなくても手間をかけずスピーディーに委託販売を行えるのが特長です。

販売したいメーカー・ブランド側は、テストマーケティングの場として、D2C(メーカーから直接販売する。オンライン専業が多い)がリアルの場で顧客とつながる場として利用します。
販売する店舗側は手数料収入があるほか、新しい商材を仕入れられる、新しい顧客を獲得する機会になる、といったメリットがあります。

ネイルサロンや英会話教室、書店、企業など、今までモノを販売していなかった場所で商品を販売するという新しい可能性もあります。
・関連記事:店舗シェアリングサービスは何の課題を解決したか

パーフェクト<AIを活用して高度なARメイク技術を開発>

高度なAR(拡張現実)×AI(人工知能)で口紅、アイシャドウなどのコスメアイテムを試着できる「バーチャルメイク」技術を提供。大手化粧品メーカーやドラッグストアなどで採用されているほか、中国アリババとも提携を発表しています。BtoC向けのアプリは 累計約8億ダウンロードされており、進化系ARサービスとして注目されています。
・関連記事:AIを組合わせた「進化系AR」でコスメのオンライン販売が身近になる

 

クロスメディア関連セッション

【CM1】クロスメディアビジネスのヒント~コミュニケーションの課題を解決する
【CM2】出版業界の構造課題と再成長
【CM3】印刷会社が取り組むAIビジネス
【CM4】流通小売における次世代販促と業務改善 ~2020年のオムニチャネル・リテーリング~

 
一覧に戻る  参加申込  参加取消 満席

このセッションの参加費は、16500円 です。
お申し込みセッション数によって割引があります。

当日価格:18000円です。

  • 古⽥奎輔
    (ふるたけいすけ)
    Payke 代表取締役 CEO
    東京都出⾝。都内の⾼校中退後、沖縄県に移住。琉球⼤学⼊学後、19歳の頃に沖縄でEC事業を⽴ち上げ⿊字化。その後、貿易業、越境EC事業へと展開し、県産品の輸出に従事。

    海外で⽇本の商品を売るためには、その商品の開発秘話やストーリーも伝えないと物流だけでは購⼊に繋がらないことを痛感。その体験を元に、万国共通のバーコードに着⽬し、バーコードに商品情報を載せて伝えることを思いつく。 2014年11⽉、沖縄県にて株式会社Payke創⽴、同CEOに就任。現在は東京オフィス、⼤阪オフィス、開発ラボを⽴ち上げ、更なる事業拡⼤を⽬指す。
  • 中山英亮
    (なかやまひであき)
    Voicy ビジネスディベロップメント
    人材系コンサルティング、外資系戦略コンサルティングを経てvoicy参画。 Voicyでは、戦略策定、事業開発、アライアンス、サービス開発、営業、カスタマーサクセス等を幅広く担当。
  • 蘇鉄本惇
    (そてつもとあつし)
    スペースエンジン 執行役員営業本部長
    大阪府出身。同志社大学商学部商学科卒業。2015年新卒で入社したJTBでは流通マーケットに特化した部署に配属となり、流通視察や大会運営など様々な法人企業や組織への営業に約4年間従事。スペースエンジンは新しいマーケットを創る可能性に溢れていると感じ、2019年1月に入社。 スペースエンジンではユーザー様の獲得〜フォローまでの業務(インサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセス)を一貫して担当。日々ユーザー様の声に耳を傾け、サービスの礎を築いている。
  • 磯崎順信
    (いそざきよりのぶ)
    パーフェクト 代表取締役社長
    デジタルメディアテクノロジー関連の外資系ベンチャー企業の日本代表等を経て、2015年にPerfectCorp.の日本法人の立ち上げより現職で参画。 バーチャルメイクアプリ「YouCam メイク」をはじめ、AI/ARによる新しい消費者エンゲージメントプラットフォームをを多くのブランド・小売店・メディアに向け提供し、エコシステムを確立。
  • 千葉弘幸
    (ちばひろゆき) モデレーター
    JAGAT 研究調査部シニアリサーチャー
    1983年に凸版印刷に入社し、CAD・CTSなど社内用文字画像のシステム開発に従事。その後、住友金属工業にてレイアウトソフトEDICOLORの開発企画、プロダクトマネジメントを担当。アドビシステムズにてInDesignのセールスサポートを担当。 2002年よりJAGATにて、DTP・プリプレス・デジタル印刷などの研究会企画・調査、DTPエキスパート・クロスメディアエキスパート試験の企画・運営を担当。