オンラインカンファレンス・セミナー

2月8日(火) 10:30~12:00

C2:インサイドセールスの機能と役割

 -マーケティング部長2人が語るニューノーマルの営業-

印刷会社の営業部門は基本的に全員が外回り営業から構成されてきた。そうするとこれから、ウェブサイトの充実、SFA/CRMの導入と運用、SNSや動画での発信など、新たなマーケティング展開を担当するのは誰なのか。他産業ではマーケティング部門や営業企画担当などの内勤専任営業、つまりインサイドセールスがそれらを担っている場合が多い。

印刷会社はこれからも外回り営業主体で良いのか。インサイドセールスは必要か、その機能と役割とは。デジタルトランスフォーメーションが声高に叫ばれるが、営業マーケティングにおけるデジタルとアナログの組合せはどのようにあるべきか。インサイドセールスを配置した2社が、その実際、導入ツールと展開手法、これからの展望と課題などを議論する。

 
一覧に戻る

このセッションの参加費は、10000円 です。

当セッションの視聴料金は10000円です。

  • 川口 学
    (かわぐち まなぶ)
    研文社 マーケティング室 室長
    創業75年を迎えた総合印刷会社で、入社時はメインクライアントとして大手金融機関を担当。用度品の印刷~月刊100万部の会報誌の制作・印刷の進行管理などの幅広い業務に従事。その後百貨店や広告代理店などさまざまな業界のクライアントを歴任し、新規開拓をミッションとした部署へ異動。2018年の秋からマーケティング部署設立の準備に伴い、営業管理職に加えて、マーケティング職も担当している。2020年1月より現在の職責。
  • 丸山博司
    東洋美術印刷 マーケティング&営業本部 本部長
    1995年に東洋美術印刷株式会社入社。営業を20年弱、デザイン制作部を2年経験。2016年にマーケティング部を新設、マネジメントをし、2020年からマーケティング&営業本部、本部長としてマーケティングと営業をマネジメント。 新規事業の戦略策定、マーケティング&営業戦略の策定と施策の実行、評価、管理を担当。
  • 藤井建人
    (ふじいたけと) モデレーター
    JAGAT 研究調査部長 主幹研究員/中小企業診断士/ 早稲田大学メディア文化研究所招聘研究員
    1995年から出版流通グループで経営企画に従事。計画策定、経営分析、企業評価、管理会計、M&Aなどに携わる。2003年からJAGATで印刷総合研究会を中心に活動。印刷産業・印刷会社の経営分析・中小企業論・地域活性化などの研究調査に従事。共著に「印刷白書2007〜2017」「印刷産業経営動向調査2006〜2017」「印刷会社と地域活性1・2・3」など。地方創生/地域活性ビジネス研究。