カンファレンス

2月5日(水) 13:00~15:00 場所:ワールドインポートマート5F

【G1】デジタル印刷ビジネスの実践

共進ペイパー&パッケージはパッケージ専門の印刷通販というビジネスを立ち上げた会社だ。元々、製品に特化した紙の開発等、技術主導でビジネスを伸ばしてきた印刷会社(紙卸)である。ビジネス成功の秘訣はオフセット印刷によるパッケージ印刷とは別に、ハコプレというデジタル印刷中心の印刷通販ビジネスを立ち上げたことにある。ハコプレの成功は独特の着目点と努力、特にWebサイトの出来の良さが特筆すべき点だ。
デジタル印刷と言っても初期にはトナー機を利用していたが、インクジェットのJetPressで軌道に乗り、そして東洋初のプライムファイアーの導入と続いていく。その辺のハウツーを詳しく説明いただく。またハコプレ事業はパッケージだけではなく紙バッグへの展開も進んでおり、POPや今後の計画等、何が成功の秘訣なのか?逆に失敗(難しい点)なのか??等にも触れたい。

ユニバーサルポストは広島の印刷会社である。デジタル印刷を導入して成功している印刷会社にフォーム印刷が多い中、純粋な商業印刷を中心に発展してきた印刷会社だ。地方大手スーパーが一番のクライアントで、オフ輪等でチラシを印刷してきた。ユニバーサルポストのポストも郵便とは関係なくPut Our Spirit Togetherの頭文字を取ったもので、社員からの公募で付けられたということだ。ユニバーサルだけ喜瀨社長が付けたということである。
DMは全くやっていないかというと、そうではなくXerox社のC800やトナー機等でバリアブルやDM等はやっていた(いる)。10数%の売り上げは持っており、将来20%程度に上げたい希望がある。今回SCREENのHD520+を導入した最大理由は超短納期であり、従来のオフセット印刷の納期ではやっていけないという喜瀨社長の判断である。その辺の話を直接聞き、今後の計画等も可能な限り説明いただく。

ねこのしっぽはコミケ市場では大手の印刷会社である。社長と専務は現役の漫画家で、漫画を印刷して欲しくて印刷会社を回ったのだが、当時の印刷会社では、コミケ市場など眼中になく、対応してもらえないことが続き、それではと自分で印刷を始めてしまったということである。そういういきさつなのでなるべく印刷会社らしくない名前にしようということで「ねこのしっぽ」という社名にしたらしい。社長・専務ともに「儲からない」と謙遜するのだが、十分な仕事量やコミケ市場を受ける受付スタッフや施設(Webや電話係、窓口)は整っている。
本来はデジタル印刷機のみでやりたいと言っているのだが、中ロット数(コミケ市場も大きいのだ)のものも多いので、半裁印刷機で本文(白黒ページ)を印刷するケースも多い。しかし、ペラ丁合で製本ラインを組み立てているところが同人誌指向ということである。ねこのしっぽはコミケ市場発展のまっただ中にいた会社なので、同人誌市場(コミケ市場)がどうなっていくのか?漫画でなくても小ロット出版市場を志向している印刷会社、また単なる小ロット印刷指向の印刷会社にとっても、ねこのしっぽのやっていることは十分に参考になるはずである。

このように3社ともにやる気満々であり、モデレーター役の郡司もスーパーポジティブなので、少し冷静なコメントも欲しいということで、フォーム工連山口専務に冷静なコメンテーター役をお願いした。最後にオフセット印刷の未来?デジタル印刷の近未来について5名で議論したいと思っている。

 
一覧に戻る

当日価格:18000円です。

  • 鍛治川和広
    (かじかわかずひろ)
    共進ペイパー&パッケージ 常務取締役 ハコプレ事業部長
    紙パッケージの製造にいちはやくデジタル印刷機を取り入れ、業界初のパッケージ専門Webサイト「ハコプレ」を展開。関連サービスとして、「世界に一つの箱」「ポップレ」「ハコプレ紙袋」「サンプルパッケージ.com」を展開するなど専門マーケットに特化したWeb to Printサービスで業容を拡大中。
    2019年11月には日本初のB1デジタル印刷機ハイデルベルグ社Primefire106を導入。そのWebサイト構築、製造プロセスの導入を主導した。
  • 前田尚子
    (まえだなおこ)
    ユニバーサルポスト 取締役 経営企画室
    新卒でハイデルベルグに入社。 展示会のデモンストレーションを担当。 印刷機のオペレーションをしながらナレーションを務める。 その他、Printing Training Centerで製版指導を担当。 入社6年目、出産を機に退職。 (有)トライアルスポーツ・特定非営利活動法人ASAトライザルクラブ・  体操競技女子専門の成美ジムクラブを設立。 スポーツクラブの集客に苦労し、個人に寄り添った教育を模索。 保護者を巻き込んだ育成システムを整備し徹底的にブランディング。 顧客の具体的な悩みの解決に挑む。 2017年9月(株)ユニバーサルポスト 入社。 経営企画室で全社的な課題解決と顧客1人ひとりに応じたサービスやビジネスモデルの構築にあたっている。
  • 荒巻喜光
    (あらまきよしみつ)
    ねこのしっぽ 専務取締役
    立正大学大学院 文学研究科 西洋中世史専攻終了。学芸員資格取得。 学生時代、国文学研究資料館史料館で古文書の復元作業、古文書データベース作業等に携わる。 中学時代から同人誌即売会(コミケ)にサークル出展参加し、大学生以降10年程度、スタッフも経験。 1997年、社長の内田とともに有限会社ねこのしっぽを設立、学生や少部数の自費出版を手がける。翌年以降、オフセットとデジタル印刷を2本柱としてコミケなどの同人誌をメインに手がける。
  • 山口実
    (やまぐちみのる)
    印刷企業に入社以来技術開発部門に所属し、BF用紫外線乾燥装置の実用化、高周波乾燥機の実用化、マルチウエブ印刷機等の開発に従事し、世界でも活躍する生産設備を提供している。
    また、デジタル印刷の生産設備の基礎となっている産業用高速インクジェット機の実用化、産業用POD機の実用化、さらにPOD用加工設備の開発と、さまざまなオンライン検査装置の導入に携わった。
    印刷産業の業態変革を推進すべく、Webb博士が2010年に出版された「Disrupting the Future」の翻訳版「未来を破壊する」の自費出版を手掛けた。
  • 郡司秀明
    (ぐんじひであき) モデレーター
    JAGAT 専務理事
    日本大学藝術学部講師/日本写真学会理事/電塾本部運営委員 1979年千葉大学卒業後、大日本スクリーン製造株式会社入社。主として画像技術を担当し、デジタル技術の発展に注力する。 2006年9月、今まで言い続けたソリューションの実行を目指して独立、現在JAGAT専務理事として啓蒙活動に励む。 日本大学藝術学部講師、日本写真学会理事、電塾本部運営委員でもある。 「RGB&CMYKレタッチ大全」「図解カラーマネージメント実践ルールブック」はじめ著書多数。