セミナー

2月 7日(木) 15:45~17:45 場所:ワールドインポートマート5F

【S10】プロモーションの仕組みづくりと営業提案手法 ~多様な販促物を組み合わせで受注する~

プロモーションの仕組みづくりから提案することで、顧客の成果に寄与し、さらに販促物の複数受注を実現することで、自社の売り上げにもつながる。本講座はターゲットの特性や行動に応じた適切な販促物の組み立て方から、それに必要なヒアリング、顧客に必要性を理解させるための提案手法を紹介する。

カリキュラム

1)顧客の売上に貢献する
 ・現在のリソースでできる新たな差別化手法
 ・顧客のビジネス支援による自社の単価アップとブランド力強化
 ・受注型から提案型へ変える売れる仕組み提案
2)売れる仕組みとは
 ・効率よく新規客とリピート客を増やすマーケティング手法
 ・顧客の心理や段階によるアプローチ
 ・プロモーションを成功させるメッセージ作り
3)紙媒体とデジタル媒体のクロスメディア的組み合わせ
 ・各媒体の特徴を理解
 ・紙媒体とデジタル媒体の連動手法
 ・購買へつなげる売れる仕組み構築
4)顧客への売れる仕組み提案手法
 ・プロモーションを成功させる企画プロセス
 ・採用される提案手法とは

このような課題を感じている方は受講をお奨めします

 ・マーケティングやクロスメディアについての理解を深めたい
 ・受注型の安売り営業から脱却したい
 ・価格競争からの脱却や競合との差別化を行いたい
 ・営業力や企画・提案力を高めたい
 ・紙媒体だけでなく新たな施策を求めている

受講後に得られるもの

 ・印刷会社に必要なマーケティングの理解
 ・効率よくプロモーションを成功させる手法
 ・受注型から提案型への営業スタイル移行
 ・紙媒体の複数受注をする企画プロセス
 ・顧客との関係性を強化する提案手法
 ・自社の新規顧客獲得と競合との差別化

講師からのメッセージ

企業の売上増は単発の施策では困難な時代です。逆に、紙媒体だけでなく、ネットやSNSを含めたデジタル媒体で、マーケティングとしての売れる仕組みを構築することで効率よく売上増をさせることが可能となります。この売れる仕組みを顧客に提供することで、印刷会社としての大きな差別化となり、自社の売上増だけでなく顧客との関係性強化など様々なメリットが見込めるのです。
売れる仕組みを導入するというのは、大きな投資やリソースを導入するのではなく、印刷会社として今までやっていることの意識やプロセスを変えることでできることです。
すでに売れる仕組み構築を提案し、受注型から提案型へ営業スタイルを移行された印刷会社も多くあります。これからの印刷会社の新たな施策としてぜひ売れる仕組みを取り入れてください。

 

 
一覧に戻る  参加申込  参加取消 満席

このセッションの参加費は、16,200円 です。
お申し込みセッション数によって割引があります。

当日価格:17,000円 です。

  • 小澤歩
    (おざわ あゆむ)
    グレイズ 代表取締役/(財)ブランド・マネージャー認定協会マスタートレーナー
    有限会社グレイズ代表取締役 (財)ブランド・マネージャー認定協会マスタートレーナー 東京都江東区出身。広告販促制作会社等でのグラフィックデザイナー、アートディレクターを経て、2002年に広告制作会社として (有)グレイズを設立。様々な企業の広告販促物の企画デザインを手がけ、さらにブランディングやマーケティング、心理学等を踏まえたデザインの戦略を使いクライアント企業の成果を出す。現在はブランディングやデザイン戦略を軸にした企業全体の課題解決、価値を高めて差別化や売上増をさせるコンサルティングをメインに提供。 また(財)ブランド・マネージャー認定協会トレーナーはじめ全国の企業・団体等で、ブランディングや販促、デザイン戦略を伝える研修や講演の講師としても活動。