セミナー

2月 6日(水) 13:00~15:00 場所:ワールドインポートマート5F

【S1】紙媒体の成果アップ!紙と連携するWeb動画の企画制作法

印刷ビジネスの価値向上の手段とし注目されている動画活用。ハイクオリティではなく、DMやチラシの効果をアシストするための、コストをかけない「必要にして十分」な動画の企画と作り方を紹介する。

 

概 要

昨今、あらゆる分野で動画ビジネスが急成長しています。動画ビジネスと言ってもTV-CMのような映像だけではありません。現在では会社案内やリクルート向けでも動画が必須となっていますし、
家電製品や業務用機器のプロモーション動画、取扱説明書を補完する解説用動画のニーズも高まっています。動画はコミュニケーションツールの一つであり、紙メディアを中心に顧客のコミュニケーションを支援している印刷会社においても動画への対応はビジネスチャンスになります。ただし、動画制作をメインにビジネス展開している企業や個人などの競合は多く、その競争は熾烈化しています。印刷会社として差別化を意識して動画ビジネスへ参戦するかが重要であり、その一つが「紙メディア」+「動画」の提案力です。

本セミナーでは、印刷会社の強みでもある「紙メディア」+「動画」のテーマに、今まで印刷会社が提供していた、DMやチラシの効果をサポートするためのコストをかけない「必要にして十分」な動画の企画方法を紹介します。
従来提案していた紙メディアに動画をプラスすることで、紙メディアの反応率を高め顧客をサポートしたい企業には最適な講座です。

カリキュラム

 ・紙媒体のジャンル、種類に適した動画のタイプを紹介
 ・過当競争に陥らない、印刷ビジネスの強みを活かした動画とは?
 ・動画の企画メソッド、構成メソッドを動画事例と共に解説

受講対象者

 ・顧客のプロモーション支援をしている企画営業
 ・印刷+動画の企画提案力をつけたい方

このような課題を感じている方は受講をお奨めします

 A.クライアントからチラシやDMなどの提案、発注時に「動画制作の相談」が来ている方で、
  ・どう対応していいかわからない。
  ・どう制作していいかわからない。
  ・外注してしまい、利益が出せない。
 B.「受け」の動画制作から「攻め」の動画提案・制作に転じたい方
 C.動画を印刷商品受注のフックや、商品の一つとして取り組みたい方

受講後に得られるもの

 ・クライアントの目的、課題に応じて、提案できる動画の種類がわかる
 ・クライアントの商材に応じて、動画化すべき情報が何かを判断できる

講師からのメッセージ

動画制作ができる会社、個人の方はたくさんいます。しかし、その多くは「動画だけ」をつくっている制作プロダクション、クリエイターです。
一方、印刷会社のみなさまは、動画制作はメインではありませんが、クライアントのプロモーション、集客、販売促進、顧客満足度向上といった、様々なビジネスシーンに関わっておられます。
本講座では、そうした印刷会社のみなさまの優位性を活かした動画制作・提案の方法について紹介します。


 
一覧に戻る  参加申込  参加取消 満席

このセッションの参加費は、16,200円 です。
お申し込みセッション数によって割引があります。

当日価格:17,000円 です。

  • 前田考歩
    (まえだ たかほ)
    フレイ・スリー プロデューサー
    自動車メーカーの販促・CSR事業、映画情報&オンラインチケッティング事業、育児情報アプリ事業、離乳食の定期通販事業など、
    数々の新規事業・プロジェクトの起業およびプロジェクトマネジメントを経験。
    現在は(株)フレイ・スリーにて、動画制作アプリ「1Roll(ワンロール)」のプロジェクトマネジメントを担当。
    宣伝会議「Web動画クリエイター養成講座」で講師を務める傍ら、
    宣伝会議、月刊「ブレーン」主催オンライン動画コンテスト「BOVA」や全国シティプロモーションサミット2017等に登壇し、
    動画を活用したマーケティング、セールス、インナーコミュニケーション等の計画・実践をサポート。