【C5】Webと地域活性化で顧客を創る~実践!インバウンドマーケティング~|印刷メディアビジネスの総合イベント page2021

オンラインセミナー

2月17日(水) 14:00~15:30 オンラインセミナー

【C5】Webと地域活性化で顧客を創る

~実践!インバウンドマーケティング~

多品種小ロット化が進み、もともと足を運ぶタイプの営業は難しくなっていた。そこに起きたコロナ禍は、従来型営業の弱点を如実にさらけ出した。既存客はまだ良いとしても、見込み客・新規客とどのように接点を作ればよいのか。行くのではなく、来てもらう、引き付けるタイプの営業が有効性を増している。つまりWebや地域活性化などの機会やチャネルを活用して関心を集め、認知度を高めるインバウンドマーケティングだ。コロナ前から地道に取り組み、コロナ禍でも受注を増やす2社の事例から考える。

  • 斉藤正美
    高校卒業後富沢印刷に印刷オペレーターとしてお世話になり、途中から工場長として管理職となる。近年は当社のIT課も兼任しWEB全般に携わる。
  • 河野竜太
    真生印刷 東京SP課 アートディレクター
    大阪出身。2009年に真生印刷へ入社。デザインチーム、企画部隊などを経て東京支店へ異動後、アートディレクションに特化した部署を設立。制作案件と並行して地域戦略プロジェクト、Web・SNSプロジェクトなど自社の発信をテーマとした活動の設立に携わるほか、地域や子ども向けのイベントプロデュースに従事。2018年には印刷の枠を超えたアイデアを創造する「LAB.AS」の立ち上げに関わり、活動を続けている。
  • 藤井建人
    ( ふじいたけと )
    JAGAT 研究調査部長 主幹研究員/中小企業診断士/ 早稲田大学メディア文化研究所招聘研究員
    1995年から出版流通グループで経営企画に従事。計画策定、経営分析、企業評価、管理会計、M&Aなどに携わる。2003年からJAGATで印刷総合研究会を中心に活動。印刷産業・印刷会社の経営分析・中小企業論・地域活性化などの研究調査に従事。共著に「印刷白書2007〜2017」「印刷産業経営動向調査2006〜2017」「印刷会社と地域活性1・2・3」など。地方創生/地域活性ビジネス研究。