カンファレンス 印刷マーケット 場所:ワールドインポートマート5F

29日(金) 15:45〜17:45

【PM4】印刷ビジネスとメディアの展望2018

印刷ビジネスは経済、情報メディア、広告市場の影響を受けて動く。景気の持続性、物価高騰の兆し、AI実用化、増えるM&A、地域活性の深化などはどのような影響を与えるか。2017年を振り返り、2018年を予測する。

 

関連セッション
【PM1】シェアリングエコノミーがもたらすビジネスチャンス【PM2】地域活性ビジネス① シティセールスと観光活性化への関わり方【PM3】地域活性ビジネス② 地場産業活性化の手法と連携を考える   
一覧に戻る 参加申込

このセッションの参加費は、16,200円 です。
お申し込みセッション数によって割引があります。

  • 北原利行
    (きたはらとしゆき)
    電通メディアイノベーションラボ メディアイノベーション研究部 研究主幹
    電通に入社後、情報システム部門、経営計画部門を経て研究開発部門に所属。2004年(株)電通総研設立とともに出向。2008年電通総研の社内組織化を経て現職。マス・メディアやコミュニケーション、コンテンツ、著作権に関する研究・コンサルティング、組織人事制度コンサルティング、広告および関連市場・業界動向調査などの業務に従事。
  • 藤井建人
    (ふじいたけと)
    JAGAT 研究調査部長 主幹研究員/中小企業診断士/ 早稲田大学メディア文化研究所招聘研究員
    1995年から出版流通グループで経営企画に従事。計画策定、経営分析、企業評価、管理会計、M&Aなどに携わる。2003年からJAGATで印刷総合研究会を中心に活動。印刷産業・印刷会社の経営分析・中小企業論・地域活性化などの研究調査に従事。共著に「印刷白書2007~2017」「印刷産業経営動向調査2006~2017」「印刷会社と地域活性1・2・3」など。地方創生/地域活性ビジネス研究