カンファレンス

2月 8日(金) 15:45~17:45 場所:ワールドインポートマート5F

【PM4】印刷ビジネスとメディアの展望2019

印刷ビジネスは経済情勢、政治社会、情報メディア、広告、関連イベントなどの影響を受けて増減する。2018年までをどう見るか。来たる2019年の印刷ビジネスに影響を及ぼす材料には何があるか。入管法改正、改元、参院選、ラグビーW杯、東京モーターショーなど景気刺激材料には事欠かない。逆に貿易摩擦、増税、景気減速懸念、五輪景気後の失速傾向は足かせとなろう。これら好材料と懸念材料の差し引きをどう見るか。2019年の印刷市場を考える。


 
プリンティング・マーケティング関連セッション

【PM1】地域活性ビジネス① 地域の課題解決による新たな価値の創り方
【PM2】地域活性ビジネス② 産業観光による地場産業活性の可能性
【PM3】WEB と地方で広がる少部数出版とデジタル印刷の可能性
【PM4】印刷ビジネスとメディアの展望2019

 
一覧に戻る  参加申込  参加取消 満席

このセッションの参加費は、16,200円 です。
お申し込みセッション数によって割引があります。

当日価格:17,000円 です。

  • 北原利行(きたはらとしゆき)
    電通メディアイノベーションラボ メディアイノベーション研究部 研究主幹

    電通に入社後、情報システム部門、経営計画部門を経て研究開発部門に所属。2004年(株)電通総研設立とともに出向。2008年電通総研の社内組織化を経て現職。マス・メディアやコミュニケーション、コンテンツ、著作権に関する研究・コンサルティング、組織人事制度コンサルティング、広告および関連市場・業界動向調査などの業務に従事。

     
     
  • 藤井建人
    (ふじいたけと)
    JAGAT 研究調査部長 主幹研究員/中小企業診断士
    1995年から出版流通グループで経営企画。経営計画、経営分析、企業評価、管理会計、M&Aなどに携わる。2003年からJAGAT。印刷産業・印刷会社の経営分析・地域活性化などの研究調査に従事。共著に「印刷白書2007〜2018」「印刷産業経営動向調査2006〜2018」「印刷会社と地域活性1・2・3」「『ニュース』は生き残るか~メディアビジネスの未来を探る」など。