カンファレンス

2月 7日(木) 15:45~17:45 場所:ワールドインポートマート5F

【PM2】地域活性ビジネス②
     産業観光による地場産業活性の可能性

企業の新規顧客開拓にも、観光誘客にもなる「産業観光」の手法が広がっている。何の変哲もないまちに観光客や企業バイヤーを呼び込むには。地域一体型オープンファクトリー、台東区南部「モノマチ」、岐阜県「関の工場参観日」に主導的に取り組んだ経験ある印刷会社2社の事例に、他業種事例も交え、産業観光全体の視点から可能性を考える。


 
プリンティング・マーケティング関連セッション

【PM1】地域活性ビジネス① 地域の課題解決による新たな価値の創り方
【PM2】地域活性ビジネス② 産業観光による地場産業活性の可能性
【PM3】WEB と地方で広がる少部数出版とデジタル印刷の可能性
【PM4】印刷ビジネスとメディアの展望2019

 
一覧に戻る  参加申込  参加取消 満席

このセッションの参加費は、16,200円 です。
お申し込みセッション数によって割引があります。

当日価格:17,000円 です。

  • 森岡順子(もりおかじゅんこ)
    日本観光振興協会 総合調査研究所 主任研究員

    旅行代理店勤務を経て、平成9年公益社団法人日本観光振興協会入協。
    20年国内振興チームリーダー、23年観光情報課長、25年広報課長(兼務)。
    28年総合調査研究所主任研究員、観光予報プラットフォーム推進協議会事務局次長(兼務)、全国産業観光推進協議会事務局員(兼務)。

     

  • 小川優二(おがわゆうじ)
    協同印刷  代表取締役社長(第3回関の工場参観日 実行委員長)

    昭和44年生まれ。大学卒業後スズキ㈱入社。約7年間の神戸勤務を経て平成11年協同印刷㈱入社。営業を兼任しながら総務課長、専務取締役、平成18年社長就任。平成28年から岐阜県印刷工業組合副理事長。地元刃物メーカー向け製品、官公庁関連や学習テキストなども手掛ける。「関の工場参観日」第2・3回実行委員長。併催の「ビジネスプラス展inSEKI」第4・5回実行委員長。

     
  • 田中一博(たなかかずひろ)
    望月印刷 生産本部CSチーム(第10回モノマチ実行委員長)

    1988年 望月印刷株式会社入社 営業部所属
    2013年 第4回モノマチ ボランティアに応募して参加
    2015年 第4回スミファに参加
    2016年 第8回モノマチ 実行委員(ボランティア担当)
    2018年 第10回モノマチ 実行委員長、拝命
    2018年 墨田区アートプロジェクト「隅田川 森羅万象 墨に夢」に協力
     

  • 藤井建人
    (ふじいたけと)
    JAGAT 研究調査部長 主幹研究員/中小企業診断士
    1995年から出版流通グループで経営企画。経営計画、経営分析、企業評価、管理会計、M&Aなどに携わる。2003年からJAGAT。印刷産業・印刷会社の経営分析・地域活性化などの研究調査に従事。共著に「印刷白書2007〜2018」「印刷産業経営動向調査2006〜2018」「印刷会社と地域活性1・2・3」「『ニュース』は生き残るか~メディアビジネスの未来を探る」など。