カンファレンス

2月 8日(金) 15:45~17:45 場所:ワールドインポートマート5F

【CM4】デジタルマーケティングでビジネスを広げる~「測る化」からはじまる業務改革~

購買行動の主役が、メーカーから消費者に移行しています。消費者動向を把握することはビジネスの変化を知ることでもあります。デジタルマーケティングにより、その消費者の動向がわかるようになってきています。

印刷市場が縮小し、デジタル化への対応が求められる中、印刷業自体が自ら時代の変化を予測し、準備しなくてはならなくなってきています。そのためには、得意先の市場、業態、業務内容を深く理解して、より高度な提案が求められてきます。また今後の生き残りのためにも、主力商品であるチラシやPOPなどの印刷物受注だけでない、印刷周辺まで含めたBPO的なアプローチも必要になってくるでしょう。デジタル時代における印刷会社の販売促進支援ビジネスの可能性はどこにあるのか。そこを議論したいと思います。

本セッションでは、

・リアルとネットが双方向に連携を深めている中、
・どのようなコミュニケーション手段があるのか
・特に購買に関する主役の交代

を事例を交えて読み解いていきます。

スマホを軸に、生活者の消費行動と企業のマーケティングが大きく変化しています。例えば、今後「Amazon GO」を始めとするレジなし無人スーパーが増えた場合、どのようなビジネス変化が起きるのか? チラシやカタログなどの商業印刷物はどうなるのか? 印刷会社の役割としてもう一歩踏み込んでいくことが求められるかもしれません。

本セッションでは、それぞれ違う立場の方に登壇していただき、最新のデジタルマーケティングやリアルとネットの取り組みやデータ分析をマーケティングに活かす手法などについて語ってもらいます。

「測る化」とは、PDCAのCから始まるサイクルを回すことだと言ってもいいでしょう。マーケティングで測定したいものは何か? その目的達成に必要なデータをどのように取得するのか? そしてマーケティングの目的のためにメトリクスの結果をどう使うのか? が重要になります。「測る化」で明らかにしたものを「見える化」していくのがこれからの新しいサイクルになるでしょう。

これらの情報を得ることで、顧客に対して新たなサービスを先回りで提案できるようにしたいものです。

【スピーカー企業のご紹介】

ダブルフロンティア株式会社が提供するのは、地域密着型の新しいお買い物代行サービス「Twidy(ツイディ)」である。育児や家事、仕事で忙しい人や、店が遠くて行きづらい人のために、お買い物代行プラットフォームでサポートしている。ネットショッピングは時間がかかるし、知り合いに頼むのも気が引ける。そんな時に買い物リクエストをすると、ご近所のクルーが自分のお買い物のついでに届けてくれるシェアエコサービスである。

国分グローサーズチェーン株式会社は、ボランタリーチェーン本部としてコンビニエンスストア「コミュニティ・ストア」を運営。「Better Function , Best Solution ~売場に最適なソリューションを提供します~ 」をスローガンに、コンビニエンスストア本部の持つ商品調達・物流・情報システム・サービスコンテンツなどの機能を、さまざまな業態の店舗ニーズに応じて提供、近年では、「無人・省人化システム」を開発するなど、ユニークな存在。

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社の塩谷旬氏からは、同社のデジタルマーケティング戦略、CRM設計、顧客との新たなコミュニケーションなどについて語っていただく予定である。

 

デジタルメディア関連セッション

【CM1】RPAとホワイトカラーの業務効率化~RPA導入の成功と失敗の分かれ道はどこにある
【CM2】企業の動画活用トレンド2019~SNS世代に響く動画と販促への展開
【CM3】リアル×デジタルで「伝えたい人に伝える」メディアづくり
【CM4】デジタルマーケティングでビジネスを広げる~「測る化」からはじまる業務改革~

 
一覧に戻る  参加申込  参加取消 満席

このセッションの参加費は、16,200円 です。
お申し込みセッション数によって割引があります。

当日価格:17,000円 です。

  • 八木橋裕
    (やぎはしゆたか)
    栃木県佐野市出身。高校時代はラグビーに明け暮れる。ポジションはスクラムハーフ。千葉大学工学部でコンピュータサイエンスを修学後、第二電電(現KDDI)に入社。日本初の携帯電話国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の立ち上げや「Skype auプロジェクト」のプロジェクトリーダーを歴任する。
    2013年、ダブルフロンティア株式会社を設立、代表取締役就任。シリコンバレーを中心に海外の最新技術を持つ企業とのコラボビジネスを日本市場に展開。 シリコンバレーで直面したInstacartに感銘し、日本の文化や特性に合わせたお買い物代行サービス「Twidy(ツイディ)」を立ち上げる。
  • 横山敏貴
    (よこやまとしたか)
    国分グローサーズチェーン 代表取締役社長
    1987年3月法政大学卒業後、同年4月、国分株式会社(現・国分グループ本社)入社。1988年国分グローサーズチェーン出向、近畿本部(現・西日本運営部)、首都圏本部(現・首都圏運営部)を歴任。
    2011年4月同社 取締役部長就任、2012年1月同社 取締役営業本部長就任、2014年1月同社 代表取締役社長就任。東京都調布市出身。
  • 塩谷旬
    (しおやじゅん)
    日本ケンタッキー・フライド・チキン マーケティング部 CRM推進課 課長
    2001年SI企業入社。転職後、エンタメ系・人材系などのWebサイト企画・制作・運営、大手食品メーカーの通販部門・ソーシャル運用担当を経て、2013年に日本ケンタッキー・フライド・チキン入社。DIGITAL・CRM推進担当として、公式アプリ・メルマガ・SNSなどのCRM基盤の構築やデジタルメディア戦略に従事。
  • 林典彦
    (はやしのりひこ)
    モデレーター
    大日本印刷 情報イノベーション事業部 C&Iセンター リテールプラットフォーム本部 リテールイノベーション企画開発部部長
    1988年大日本印刷(株)入社。各種商業印刷物企画制作、スペースデザイン、イベント、CI、商品開発、組織開発、新規事業開発コンサルティング等を経験。2012年よりオムニチャネル・リテイリングを専門領域とし、生活者のメディア接触情報やチャネル利用情報の収集・蓄積分析・活用を行う新規事業創出・開発を担当。