カンファレンス

まだ定まった答えのない未知の技術やビジネスをテーマに、可能性や対応について識者が議論、答えを浮かび上がらせようとするものです。 注目の基調講演はこちら⇒

26日(水)

13:00~15:00

参加費:16,200円

当日価格:17,000円

【CM1】RPAとホワイトカラーの業務効率化~RPA導入の成功と失敗の分かれ道はどこにある

プログラムで業務を自動化・効率化するRPAは、企業規模を問わず導入が進んでいる。どこまで自動化できるか、投資効果はあるか、運用人材はどうするか、将来的なAIへのシフトなど、導入検討する企業が知りたいRPAの可能性や課題について議論する。

26日(水)

15:45~17:45

参加費:16,200円

当日価格:17,000円

【CM2】企業の動画活用トレンド2019~SNS世代に響く動画と販促への展開

スマホでの視聴拡大を背景に、動画による情報発信が盛んになっている。企業がユーザーとつながる手段としても活用が進むが、効果的に動画を活用するためには何が必要か。事例紹介とディスカッションから、動画活用のトレンドを探る。

  •        

28日(金)

13:00~15:00

参加費:16,200円

当日価格:17,000円

【CM3】リアル×デジタルで「伝えたい人に伝える」メディアづくり

情報過多な時代で消費者の関心・注意を引くこと自体が難しくなっている。リアル空間も単なるモノだと生活者が反応してくれない状況であり、ストーリー性があるリアルな空間づくりが重要である。「誰に、どうやって、何を届けるのか」、その手段として紙もデジタルも威力を発揮する。

28日(金)

15:45~17:45

参加費:16,200円

当日価格:17,000円

【CM4】デジタルマーケティングでビジネスを広げる~「測る化」からはじまる業務改革~

印刷市場が縮小し、デジタル化への対応が求められる中、印刷業自体が自ら時代の変化を予測し、準備しなくてはならない。そのためには、得意先の市場、業態、業務内容を深く理解して、より高度な提案を行う必要がある。さらに今後はBPO的なアプローチも視野に入れるべきであろう。最新のデジタルマーケティングに詳しい顧客側の方に登壇いただき、デジタル時代における印刷会社の販売促進支援ビジネスの可能性はどこにあるのかを議論したい。